<< 踏切内に乗用車進入、JR川越線9本運休(読売新聞) | main | <訃報>アンドレイ・ボズネセンスキーさん77歳=露の詩人(毎日新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<花火大会>初夏を告げる6000発 大分・日田(毎日新聞)

 初夏の訪れを告げる大分県日田市の「日田川開き観光祭」大花火大会が22日、筑後川上流の三隈川を舞台に開かれ、約6000発の大輪の花々が夜空を彩った。23日は約4000発を打ち上げる。

 小雨がぱらつく中、午後7時35分、仕掛け花火を皮切りに大輪の光と音の競演が水郷情緒あふれる“小京都”を包み込んだ。

 花火の音は盆地の山々にはね返って、強烈なインパクトを演出。夜空が光に包まれるたびに、屋形船約40隻の上で川風に吹かれながら食事を楽しんでいた観光客や岸辺を埋めた観衆はどよめき、歓声を上げた。【楢原義則】

【関連ニュース】
鵜飼:幽玄な古典漁法の妙技 岐阜・長良川で開幕
こいのぼり:春風に300匹 佐賀・嘉瀬川
視聴室:となりのマエストロ
タウンたうん:「遣唐使船」で川下り楽しむ−−佐賀 /佐賀
外来魚の釣り大会:初開催 遣唐使船レース推進協、15日に /佐賀

首相、地元と協議し具体化=普天間代替施設(時事通信)
<大麻取締法違反>ネット通販用 26キロを倉庫で乾燥(毎日新聞)
「このまま死ぬんだな…」 秋葉原殺傷事件で刺された警察官が証言(産経新聞)
<ダイヤ鑑定かさ上げ>利益どこへ 市場縮小、業者「圧力」背景か(毎日新聞)
連立維持へ社民説得=鳩山首相(時事通信)

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • 15:55
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
携帯ホームページ
クレジットカード現金化 比較
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
クレジットカードのショッピング枠を現金化
2ショットチャット
出会いランキング
selected entries
archives
recent comment
  • 【沈む島の真実 キリバスから】優しい先生とちょいワル先生 2人の国会議員に助けられて感じる「人の温かさ」(産経新聞)
    AtoZ (08/28)
  • 【沈む島の真実 キリバスから】優しい先生とちょいワル先生 2人の国会議員に助けられて感じる「人の温かさ」(産経新聞)
    ガトリング白銀 (01/09)
  • 【沈む島の真実 キリバスから】優しい先生とちょいワル先生 2人の国会議員に助けられて感じる「人の温かさ」(産経新聞)
    こういち (12/25)
  • 【沈む島の真実 キリバスから】優しい先生とちょいワル先生 2人の国会議員に助けられて感じる「人の温かさ」(産経新聞)
    晶太郎 (12/20)
  • 【沈む島の真実 キリバスから】優しい先生とちょいワル先生 2人の国会議員に助けられて感じる「人の温かさ」(産経新聞)
    ちょーたん (12/11)
  • 【沈む島の真実 キリバスから】優しい先生とちょいワル先生 2人の国会議員に助けられて感じる「人の温かさ」(産経新聞)
    ばきゅら (12/07)
  • 【沈む島の真実 キリバスから】優しい先生とちょいワル先生 2人の国会議員に助けられて感じる「人の温かさ」(産経新聞)
    俊之 (12/03)
  • 【沈む島の真実 キリバスから】優しい先生とちょいワル先生 2人の国会議員に助けられて感じる「人の温かさ」(産経新聞)
    さもはん (11/24)
  • 【沈む島の真実 キリバスから】優しい先生とちょいワル先生 2人の国会議員に助けられて感じる「人の温かさ」(産経新聞)
    れもんサワー (11/23)
  • 【沈む島の真実 キリバスから】優しい先生とちょいワル先生 2人の国会議員に助けられて感じる「人の温かさ」(産経新聞)
    すぷらっしゅ (11/16)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM